新作「白茶」のお香


「白茶」をご存じですか?

中国茶をお好きな方はご存知かもしれませんが、日本ではなじみの少ないお茶のひとつかもしれません。

白茶の茶葉は文字通り、白い色をしております。

茶葉が白いのは、品種も多少関係しておりますが、品種以上に加工法が関係しているようです。

日本茶の茶葉も含め、お茶の芽や若い茶葉には産毛が生えております。ただ緑茶の生産時には茶葉を強く揉む(揉捻する)ため、その際に産毛はこぼれ落ちるか、茶葉に押しつけられて目立たなくなりますが、白茶の場合、蒸したり、炒めたりの殺生工程がない事、更に、茶葉を揉む、揉捻工程がないために産毛がそのままに残り、ゆえに白く見えるようです。

味は、どこまでも渋みがなく、甘みがあり、冷やしてもおいしく頂けるお茶です。

香りは、渋みを感じず、甘系の香りがしますが、ほのかな茶葉の香りでさっぱりとしています。

ベタベタ甘いわけではございませんので、どなたにも好まれる香りかと。

実はこの「白茶」、数か月前からこっそり作っておりました(笑)

この「こっそり」商品は何点かございまして、香司が気が向くと世に出す前、試作品として制作しております。

スタッフに「こっそり商品、何かありますか?」とお尋ねください。

こっそりお教えいたします(^^♪


0回の閲覧