沈香(じんこう)のお話


最近、「沈香(じんこう)」のお問い合わせが多くございます。

参考までに沈香について少しだけ。

沈香の香りに魅せられる方は多く、私もそのひとりです。

沈香の更に上のクラスの「伽羅(きゃら)」と「沈香」は、同じ木から採れます。

香りの種類で分けられています。

お教室で「伽羅」を焚く事もございますが、参加された方全員といっていいほど、その香りに魅了されます☆

しかし、「伽羅」はほんの1gでも数万円しますので、沈香をお求めになる方が多いです。

金より高価と言われる伽羅や沈香は、財産価値はもちろん、香りとその効果(?)にも驚くべきものがございます。

「宗教上では、沈香を用いることで、諸仏に礼し、菩薩を敬い、その香りが仏菩薩の来迎を請う助けとなると言われています。静かに座って、沈香を炊くと、魔に乱されず、邪気を払う効果もあり、沈香の念珠をもって心を落ち着かせると妄想を払い、心霊を浄化し、本来の真面目を取り戻し、生命は浄化して自在となります。沈香の念珠をいつも身に帯びていると、守護神のような働きをし、魔を駆逐し、邪気を払います。家の中に沈香の塊や彫刻を置くと、家内安全を招来します。邪気払いや厄払い、浄化作用も抜群にすぐれておりますので、気になる事がある時は沈香をお使い頂けるとよろしいかと思います。」

こんな記述を見つけました。

確かに「沈香」を焚くと部屋の空気感がガラッと変わります。

スッと澄んだ感じと言えばいいのか…。この辺りは人の感覚なので何ともなんですが(;'∀')

メールでのお問い合わせも多いのですが、正直説明しきれません( ;∀;)

香りのものなので店頭で香りを確認して頂くのが一番です!

お店までお越し頂く事が難しい方はまずはお電話でお問合せ下さいませ。

今年に入り、驚くほどの値上がりをみせている「沈香」たち。

昨年の倍ほど値上がっております。しかも、香りは落ちているように感じます。

いずれ・・・とお思いの方は、一日でも早くお求め頂いた方が断然よい!と思われます。

現在はミャンマーから仕入れしてきたばかりなので、品数も揃っております。

今がチャンス!かもしれませんよ。


173回の閲覧