店主がご案内するお香あれこれ

火を付ける?付けない?

​ 火を付けるタイプのお香は、スティック型やコーン型と呼ばれる形があります。

​ スティック型はお仏壇のお供えとして使われる、いわゆるお線香と呼ばれるお香ですが、現在はお供え香としてだけでなく、香りを楽しむお香として使われることが多くなっています。

 コーン型も形が違うだけで、お線香と同じ使い方をされている方もいらっしゃいます。

 火を付けないタイプの代表的なお香は「匂い袋」です。

 お土産品の匂い袋は、どの品も甘い馴染のある香りですが、あの香りは作られた香りで昔ながらの天然香材料を使って作られた香りではありません。

昔ながらの匂い袋は草や木、生薬として使われているものが原料なので、甘~い!という香りではありません。

​「お寺さんの香り」「お祖母ちゃん家の匂いだ!」と表現される方が多いのですが、香り想像できますか?(笑)

 作法や流儀などを意識せず、まずはお好みの香りを探してお使い頂ければと思います。

IMG_1629.JPG

​店主おススメのお香

 まったくの個人の私見ですが、ご参考までに。

 個人的なおススメ第一位は何といっても「沈香(じんこう」のお香です。

弊店では沈香と白檀のブレンド香「沈檀香(じんだんこう)をどこよりも早く販売しております。

白檀は老山白檀。沈香はシャム沈香を使用して作っておりますが、ほぼ沈香の香りで最後に少しだけ白檀の甘味を感じる事が出来る様に配合量を決めております。

「沈檀香」もですが、その時々に入荷する沈香をお香に仕立てて販売してまして、こちらのお香もおススメです。

 白檀や沈香などの香木の香りは仏様の香り。と言われますが、何だか妙に落ち着くといいますか、安心する香りです。敏感な方は仏様の領域にちょっとだけ近ける様な感覚があるかもしれませんね。

 第二位は「文香(ふみこう)」。

私は財布に入れてお札に香りを移し、お支払いの時に洒落気を演出しています( ´艸`)が、実はそれだけでなく、お札の浄化と財布で良い香りがするとお金が集まってくると言われていますので、ゲン担ぎもしています。

 第三位は「匂い袋 中サイズ畳み型」。

実は中サイズ、巾着型畳み型と形が選べます!

畳み型は薄いのでカバンや引き出しの中では邪魔にならず、​ポケットにもINできますから機能性バツグンです。

昔ながらの巾着も可愛いですが、私は機能性で選んでいます。

・・・おまけ・・・

 「塗香(ずこう)」をご存じですか?

「ぬりこう」と言われたり、”ぬり”という言葉から「塗り香水」と勘違いされる方も多いのですが、粉末状のお香です。”粉”の状態です。

 お清めの「塩」の様に使ったり、手や身体につけて「邪気払い」的に使用も出来ます。

 弊店の塗香は、5種類300円~となりますので、お手軽にご利用頂けます。

​ こちらもお財布に忍ばせて…がおススメです!

Project Name

This is your Project description. Provide a brief summary to help visitors understand the context and background of your work. Click on "Edit Text" or double click on the text box to start.

どんな香りがいい?

「リラックスできる香りをください」

「よく眠れるお香を」

「いい香りのお香を…」

そう言われることが多々ございます。

​弊店の火を付けるタイプのお香は、必ず白檀を入れて制作していますので、どのお香もリラックス効果があるかもしれませんが、”いい香り”となると話は違います。

おすすめした香りがお客様にとってお好みの香りかどうかは別のことになります。

​「こんな感じの香りが好きです」とか「甘い香りがいいなー」とかだけでも教えて下さい。参考にさせて頂いてご案内させて頂きます。

​出来るだけ店頭でサンプルの香りを聞いて頂いて、お好みの香りをお選びくださいませ。

匂い袋って?

 火を付けないで香りを楽しむお香の代表格「匂い袋」。

用途によりサイズは様々です。

 お財布や名刺入れに入れて、お名刺やお札に香りを移して楽しむ「文香」サイズ。

 引き出しやおカバンには「中」サイズ。

 玄関やお車、おトイレなど2~3畳ほどの所には「大」サイズをおススメしております。

 ご使用になられる場所によりサイズを変えないともったいない!ですからね。

例えば、体育館に芳香剤ひとつあっても何も香らないですよね。考え方はこれと一緒です。

  

お香の種類は?

 お香の種類は様々で、火を付けるタイプでもスティック、コーン型、渦巻型など形状も用途も色々です。

 お茶席で使われる「煉香」や「かりろく」と言った壁掛けタイプもございます。

 この様に種類や用途、細かく言いますと仏教の宗派でも使用方法が変わったりしますので、出来るだけご来店頂いて、直接ご相談頂けるのがBEST!です。

たかはし_edited.png